医療費控除をもらえる人、もらえる金額、手続き

節約系子育てミッション

医療費控除

医療費控除ってなに?


年間(1月1日〜12月31日)の医療費多くかかった場合、申告することで税金が戻ってくる制度を「医療費控除」といいます。



医療費控除は誰がもらえる?


所得税を納めている(年収103万円を超えた人がいる)家庭で、家族全員の医療費合計が、1年間(1月1日〜12月31日)で10万円を超えた場合です。


所得の多い人が申告をした方が、医療費控除額が同じでも、戻ってくる金額が多くなります。



医療費控除はいくらもらえる?


医療費控除で戻る金額は、所得や医療費によって異なります。


【計算式】


医療費控除額
1年間にかかった医療費の合計 生命保険(入院給付金)や出産育児一時金などで補てんされる金額 足きり額10万円
(ただし所得が200万円未満の場合は所得の5%)


×


所得税率
330万円以下なら10% 330万円超900万円以下なら20% 900万円超1800万円以下なら30% 総収入から必要経費、給与所得控除、扶養控除などを引いた額に該当する税率をかけて計算します


×


0.8(定率減税)




戻ってくる金額



医療費として認められるもの、認められないもの


認められる 認められない
妊婦検診費
分娩・入院費
トラブル受診・入院費
通院・交通費
赤ちゃんの検診費
治療に必要な薬代
入院中、治療に必要な傷薬代、ガーゼ、水枕の購入費
不妊症の治療費
歯の治療費
治療のための鍼灸・マッサージ代
市販の風邪薬代(ビタミン剤や胃腸薬は×)
妊娠検査薬・妊婦用下着
マイカー通院でのガソリン代・駐車代
里帰り出産時の帰省費用
入院の際の身の回りの購入費
健康診断の費用(異常なしの場合)
医師などに対する謝礼
病気予防や健康維持のためのドリンク剤
赤ちゃんの紙おむつ・ミルク代
見た目をよくするための歯の矯正費



医療費控除の手続きは?


税務署で申告します。


医療費控除の申請時期は?


翌年1月から5年以内です。