育児休業給付金をもらえる人、もらえる金額、手続き

節約系子育てミッション

育児休業給付金

育児休業給付金ってなに?



育児休業を取って職場に復帰する予定の人を、経済的にサポートするのが「育児休業給付金」です。


育児休業中の家計を援助するための制度で、雇用保険から支給されます。育児休業基本給付金と、育児休業者職場復帰給付金の2種類があります。


育児休業とは、産休最終日の翌日から、子供が1歳の誕生日の前日までに、とりたい日数を休むことができる制度です。



育児休業給付金は誰がもらえる?



育児休業に入る前の2年間に雇用保険を払っており、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あり、かつ一ヶ月の育児休業日が20日以上ある。


さらに、各支給単位期間(1ヶ月)に、休業開始時賃金に比べて80%未満に賃金で雇用されているという条件を満たしていれば、育児休業給付金がもらえます。


産休のあとすぐに仕事に復帰する場合や、仕事をやめる場合は育児休業給付金はもらえません。


出産手当金はいくらもらえる?


育児休業基本給付金は、育児休業中に給料の3割相当額を毎月もらえます。産休を取り始めた日から、1ヶ月単位の支給になります。


もらえる期間は最長10ヶ月で、月額12万9870円以上はもらえません。


また、育児休業中に給料が出る場合は、給料と給付金の合計額が月給の8割を超えないように調整されます。


【計算式】 給料×0.3×育休日数=もらえる額


なお、給料とは休業前の給料で残業手当など、諸手当を含んだ額です。


育児休業者復帰給付金は、職場復帰6ヵ月後に給料の1割相当額をもらえます。


【計算式】 給料×0.1×育休日数=もらえる額


なお、給料とは休業前の給料で残業手当など、諸手当を含んだ額です。


育児休業給付金の手続きは?


手続きは、ほとんど勤め先がしてくれます。



育児休業給付金の申請時期は?


育児休業をとる1ヶ月前までには、勤め先に伝えておきましょう。