出産手当金をもらえる人、もらえる金額、手続き

節約系子育てミッション

出産手当金

出産手当金ってなに?


産休中の生活を支えるために、勤め先の健康保険から支給されるものが「出産手当金」です。


一般的に、産休とは産前42日(多胎は98日)、産後56日の出産休業のことです。


出産手当金は誰がもらえる?


勤め先の健康保険に加入しているママがもらます。専業主婦や、パパの健康保険に加入している場合、国民健康保険に加入している場合は残念ながらもらえません。


仕事をやめても、勤め先の健康保険に1年以上加入し、かつ退職日の翌日から6ヶ月以内に出産したらもらえます。


2007年4月、出産手当金改正により、退職したママにはもらえなくなりました。出産したあとも仕事を続けるママだけがもらえます。
出産手当金はいくらもらえる?


出産手当金は、毎月のお給料によってもらえる額が変わってきます。予定日より出産が早まったり、遅れたりすると出産手当金をもらえる日数が変わり、金額も変わります。


【計算式】  標準日額報酬×2/3×日数分=もらえる額


なお、月給とは住宅手当などの各種手当て、所得税、社会保険料などを含んだ総支給額になります。


出産手当金の手続きは?


出産手当金をもらうには、専用の請求書が必要です。産後でも用意はもらえますが、赤ちゃんが生まれる前にもらっていた方がスムーズです。


産休に入る前
勤め先の社会保険事務所で必要な書類をもらっておく。
産後
産院で必要事項を記入してもらう
手続き終了後
産前産後分の出産手当金を一括でもらえる