出産育児一時金のこと

節約系子育てミッション

出産育児一時金

出産一時金ってなに?


妊娠・出産にかかる費用は、病気で病院にかかる費用と違って健康保険適用外となるため、全額自己負担になります。


それをサポートしてくれるのが「出産一時金」です。


出産育児一時金は誰がもらえる?


パパかママか、どちらかが健康保険に加入していれば誰でももらえます。妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した場合に支給されます。


ただし、保険料を滞納している場合、出産育児一時金はもらえないので注意してください。


出産育児一時金はいくらもらえる?


子供1人につき、最低35万円がもらえます。勤め先の健康保険や、各自治体によっては35万円にいくらか付加的にプラスされることもあります。


出産育児一時金は、1人につき35万円なので、双子なら70万円、三つ子なら105万円ということになります。


出産育児一時金の手続きは?


出産育児一時金をもらうには、必書類を管轄窓口に提出します。出産前から必要書類をもらっておくと、スムーズに手続きができます。


出産前 出産直後 産後
国民
健康
保険
住んでいる市町村の役所で必要書類がもらえます。
病院側が用意してくれている場合もあります。
出産した産院で、書類に必要事項を記入してもらいます。産院によっては文書料を取られるとこともあります。
ただし、証明欄が「医師・助産婦または市区町村長が証明するところ」となっている場合は役所でもOKです。
@自分の名前が記載されている健康保険証
A振込先銀行口座
B母子健康手帳
C印鑑
と必要書類を提出します。
勤め
先の
健康
保険
健康保険証の発行機関が会社や、業者の健康保険組合の場合、会社で必要書類がもらえます。違う場合は、社会保険事務所でもらえます。 必要書類をもらったところに提出します。郵送で受け付けてくれる場合もあります。


出産育児一時金の申請はいつまで?


出産育児一時金を請求できるので、出産の翌日から2年以内です。2年を1日でも過ぎてしまうと、手続きはできません。


出産後、うっかり忘れていたということがないように、なるべく早めの手続きを心がけましょう。