産後の骨盤矯正は大切です


産後の骨盤矯正

産後の骨盤


もともと、女性は骨盤がやや広がっていますが、出産することによって骨盤に負担がかかり、一時的に骨盤が開いた状態になり、ゆがんできます。


開いた骨盤を元の正常な状態に戻さないと、骨盤の中に胃や腸の一部が入りこみ、下腹がぽっこりと出てしまったり、骨盤のまわりに肉がつきお尻が大きくなってしまいます。
他にもまだまだ骨盤の恐怖


骨盤は体を支えている重要な部分です。その骨盤がゆがんでしまうと、体のあちこちに痛みや不調が広がっていきます。


まず骨盤がゆがんでしまうと、腰のそりが強くなるので腰痛となります。それによって猫背にもなりますし、首もゆがみます。


首がゆがむと周りの筋肉や血管が圧迫されるので、首や肩の血行は悪くなり、肩こりも発症してしまいます。


骨盤のまわりには太い血管やリンパ節が通っているので、骨盤がゆがんでしまうと血行が悪くなってしまい、むくみや冷え性を招くことになります。さらに血行が悪くなることで新陳代謝が低下し、脂肪がつきやすい体になってしまいます。


骨盤が開いたままだと、ヒップラインや脚のラインも崩れるので、O脚になったりお尻が下に垂れたりもします。


その他にも胃腸の不調や睡眠不足や生理痛、頭痛に肥満に疲労。骨盤のゆがみは諸悪の根源なのです。
レッツ!骨盤体操


骨盤を矯正する1番良い方法は、接骨院や整形医などの骨盤のプロにしてもらうことです。でも、時間に縛られるしなんたってお金がかかってしまいますよね?


ここでは、自宅で簡単にできちゃう骨盤体操を紹介します。テレビを見ながら、音楽を聴きながら楽しく体操しましょう。


産後の骨盤体操NO.1
立った状態から片方の足を大きく前に踏み出し、角度が90度になるまで膝を曲げること5秒間。左右5回ずつを1セットとし、1日2セット程度。


産後の骨盤体操NO.2
足を伸ばして床に座り、腕をふりながら前後に三歩ずつお尻すり歩き。1日5セット程度。


産後の骨盤体操NO.3
仰向けに寝て膝をたて、そのまま息をゆっくり吐きながら腰を持ち上げ10秒キープ。これを1日10回程度。


産後の骨盤体操NO.4
仰向けに寝て一方の足先は伸ばし、もう片方はかかとを前に出し5秒かぞえる。左右交互に5セット程度。


無理をせずにできるところまでの回数をしましょう。楽しみながらして、続けることが大切です。


骨盤を矯正することで基礎代謝率が上がり、食事制限をしなくても体重は数キロ程度減ります。一緒にがんばりましょう。