節約系子育てミッション紙おむつの選び方紙おむつのメリット・デメリット

紙おむつのメリット・デメリット

紙おむつのメリットとデメリット

紙おむつの特徴 メリットorデメリット
洗濯をしなくていい メリット
後始末が楽 メリット
いつもサラサラ メリット
かさばらない メリット
交換回数が少ない メリット?
コストが高い デメリット
買い置きの手間がかかる デメリット
紙おむつの成分 デメリット
おむつかぶれ デメリット
トイレトレーニング デメリット?


洗濯をしなくていい
紙おむつは、布おむつと違って洗濯の手間がありません。


後始末が楽
紙おむつをはずしたら、丸めてポイっと捨てるだけ。


いつもサラサラ
吸収力、通気性ともに機能の高い素材が使われている紙おむつがほとんどです。漏れない、フィットするのは当たり前になりつつあります。


かさばらない
赤ちゃんを連れて外出しようと思ったら、荷物はたくさんになってしまいます。紙おむつですとかさばらないし、長持ちもするので安心です。


交換回数が少ない
紙おむつは吸収力がいいので、布おむつと比べると交換回数が少なくすみます。
新生児から3ヶ月くらいの内は、おしっこやうんちの回数が多いので小まめに替えないといけませんが、だんだんまとめておしっこやうんちができるようになるので、様子をみながら交換できます。


うんちは、紙おむつでもしたらすぐに替えてあげないとかぶれる原因になります。というか、だんだん匂いがやばくなるので、早く替えることは自分のためでもあったりします。(笑)


コストが高い
布おむつと比べると、紙おむつの方がコストがかかってしまいます。


買い置きの手間がかかる
紙おむつはコストがかかりますから、できるだけ安くすませたいですよね?とことん安くすませるには、やっぱり折込広告のお一人様限定○個の大特価セールです。


大特価なだけに、クロの場合はお一人様2個限りがほとんどです。朝一番にいかないと売り切れていることが多いですし、家族の人がいなければ大荷物になるので、大変です。


一度ベビーカーでムーニー64枚入りを2パック買ったときには、片手におむつ2個、片手でベビーカーを押して、行きは20分しかかからなかったのに、帰りは歩いても歩いてもなかなか家にたどり着けませんでした。


クロは、根性で大特価価格でしか紙おむつを購入していませんが、全てを大特価価格で購入するのは実際に大変です。おむつがなくなったときに安売りしているとは限りませんし、安売りのときに買いに行けるとも限りません。


そんなときは、普通にお店で紙おむつを購入するよりもインターネットで購入する方が安い場合もありますから、ぜひ活用してください。


紙おむつの成分
紙おむつとは名ばかりで、紙おむつは化学合成物質からできています。なので、様々な悪影響を与える恐れがあるのです。くわしくはコチラ


おむつかぶれ
おむつかぶれの原因はムレと汚れにあります。ムレやおしっこによっておむつの中の湿度が高くなると、皮膚がふやけ、おむつの表面素材の刺激やおしっこやうんちの雑菌による刺激でかぶれてしまいます。


紙おむつの高分子ポリマーは、水分は吸収しますが湿気は吸収しません。もし湿気を吸収するなら、密閉保存をしなければいけませんしね。


だから、体から蒸発する汗は吸収できないのです。さらに、モレを防ぐためにギャザーを使って気密性を高くしているので、おしっこを吸収した高分子ポリマーがジェル状になると、ますます通気性はなくなります。


また、いくら紙おむつの吸収力がいいといっても、おしっこを数回すると赤ちゃんのお尻はずっと汚れっぱなしということになります。


通気性が高いのは、あくまでもおしっこをする前のことです。小まめにおむつ交換をして、汚れないように、ムレないように心がけおむつかぶれにならないようにしてあげましょう。


トイレトレーニング
紙おむつだと、トイレトレーニングが進みにくいという説があります。布おむつと比べて、おしっこをしたときの不快感が感じにくいためです。


これについてはわが子でただ今検証中です。検証といっても長女と長男とで比べるだけですが(笑)後でレポートします。


楽天市場で粉ミルクが2000円引き♪楽天カード
▲このページのTOPへ
節約系子育てミッションHOME