節約系子育てミッション母乳育児授乳中の食事5か条

授乳中の食事5か条

バランスのとれた食事を心がける

肉類や魚類などの主菜とともに、緑黄色野菜、淡色野菜、海藻、豆類やイモ類などを毎日バランスよく食べるとうに心がけましょう。

牛乳・卵を摂り過ぎない

牛乳や卵の摂り過ぎは、赤ちゃんのアレルギー体質を憎悪させる可能性があります。タンパク質は魚、肉植物性タンパク質などからとるようにしましょう。

油の多いものはひかえめに

油分の多いものを食べると、脂肪の影響で乳汁が粘り気をおびて、乳管をつまりやすくします。そうなると乳腺炎にもなりかねないので、油の多いものはひかえめにしましょう。

しこりのあるときや、出の悪いときに効果的です。また、オッパイが大きい人にもオススメです。クロは、最初の授乳のときから看護婦さんにフットボール抱きを教えてもらい、ほとんどこのスタイルであげてました。

旬のものを家庭で調理して食べる

一般にハウス栽培の野菜には、旬の野菜よりも農薬が多く使われています。また、インスタント食品やできあいの惣菜には食品添加物が含まれていることが多いので注意が必要です。


また、外食のメニューには野菜が少なく、味付けが濃い傾向にあるので、できるだけ家庭で調理した体にやさしい食事を食べるようにしましょう。

しこりのあるときや、出の悪いときに効果的です。また、オッパイが大きい人にもオススメです。クロは、最初の授乳のときから看護婦さんにフットボール抱きを教えてもらい、ほとんどこのスタイルであげてました。

よくかんで楽しく食べる

よくかんで食べると、唾液やその他の消化酵素がより多く分泌されるので、消化がよくなり、食品添加物の毒性をやわらげる作用もあります。


上になっている手で赤ちゃんの頭を支えて吸い付かせてから赤ちゃんのお尻を支えてママと赤ちゃんがピッタリ添うように引付けます。反対側を飲ませたいときは、赤ちゃんを抱えたまま寝返りましょう。


夜中の授乳には、この添い寝スタイルが楽ちんです。


節約系子育てミッションHOME