節約系子育てミッション母乳のメリットなんといっても経済的

なんといっても経済的

母乳にはお金がかかりません

母乳とミルク、どちらが経済的なのかはここで言うまでもなく明らかです。母乳にはお金がかかりません。ママがご飯をしっかり食べていれば、それだけで十分です。


ミルクなんて、1番よく飲むときなどは、1週間に1缶たいらげてしまいます。金額にすると、月に1万円近くかかることになります。さらに、ミルクは、ミルク代だけではないんです。


お湯代、つまり水道代もかかるし、そのお湯を電気で沸かすにしても、ガスで沸かすにしても光熱費がかかってきます。哺乳瓶を洗浄、消毒するとなると、光熱費プラス洗剤代(しれてますが)もかかります。


ミルク代の月額平均
月齢 全体の平均 ミルクオンリー
0ヶ月 1,836 4,270円
1ヶ月 2,052円 5,119円
2ヶ月 2,414円 5,968円
3ヶ月 2,685円 6,537円
4ヶ月 2,962円 6,727円
5ヶ月 2,916円 6,675円
6ヶ月 3,311円 6,535円
7ヶ月 3,628円 7,110円
8ヶ月 3,396円 7,063円
9ヶ月 2,872円 4,950円

母乳は手間がかからない

母乳であればママの体一つあればそれでOKです。いつでも赤ちゃんが飲みたいときに、赤ちゃんを抱っこするだけで赤ちゃんに最も適した温度、栄養の母乳をあげることができます。


ミルクの場合、哺乳びんや乳首の消毒から始まって、お湯を注いで調乳したりしなければなりません。はっきりいって夜中のミルク作りなんて、とっても大変です。


おでかけのときでも、母乳育児はなんて楽なんだろ~とひしひしと感じると思います。ミルクを作るために必要なミルクグッズを用意することもないし、ミルクグッズを持ち運ぶ必要もありません。


節約系子育てミッションHOME