節約系子育てミッション電子レンジ離乳食電子レンジを使いこなそう

電子レンジを使いこなそう

食材を置く場所

一般的にはターンテーブルのあるものは上からの電波で加熱され、ターンテーブルのないものは上下左右から加熱されるので、食材を置く場所を工夫しましょう。


■ ターンテーブルのあるレンジ


少量の食材を一つ加熱する場合は、ターンテーブルの真ん中に置きます。
加熱むらが起こりやすいので、異なる複数の食材を一度に調理するときは、火の通りにくいものを容器の上側、火の通りやすいものは容器の下側に。


■ ターンテーブルのないレンジ


機種によっても違いますが、一般的に上下左右全体から加熱するので、加熱むらができにくいです。異なる複数の食材を加熱するときは、火の通りにくいものを容器の下側に。

ラップのかけ方

■ ふんわりラップ


おかゆや煮物など水分を残したい場合は、ふんわりとラップをかけます。離乳食の場合は量が少ないことが多いので、ほとんどふんわりラップで活用できます。


■ ちょい開けラップ


端を少し開けてラップをかけると、ふんわりラップより水分を飛ばした調理ができます。水蒸気の通り道を作ることになるのでラップ破裂を防ぎます。炒める調理をするときなどに。

加熱時間は少なめに

加熱時間はワット数や機種、容器や食材の水分量によって違いが出てきます。加熱し過ぎると食材から水分が蒸発してしまうので、やり直しができなくなります。


たった10秒の違いでも出来上がりに大きな差が出るので、初めはレシピより加熱時間を少なめに設定しましょう。様子を見ながら。

電子レンジに適した器を使う

電子レンジでの調理には、適した器と適していない器があります。適していない器を使用するとうまく加熱できないだけでなく、食品の熱が伝わって器が変質・変形したり事故のもとになることもあります。


■ 電子レンジに適した器


耐熱ガラス容器や耐熱樹脂容器、陶磁器


■ 電子レンジに適していない器


金属製(熱効率が悪い)、竹、天然木(燃える)、漆器(溶ける)、耐熱性のないガラス容器、金銀の絵柄の陶磁器

煮物は途中で混ぜる

ターンテーブル式の電子レンジでは特に、上から火が通るために加熱むらが起こります。煮物は加熱途中で一度取り出して混ぜると加熱むらを防げます。


節約系子育てミッションHOME