節約系子育てミッション赤ちゃんのお風呂用意するもの

用意するもの

ベビーバス

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ抵抗力が弱く、細菌に感染しやすいなどの理由から、生後1ヶ月くらいまでは、大人と同じ浴槽でなくベビーバスを利用した方が良いでしょう。


使用期間が短いのでレンタルがオススメです。たった1ヶ月しか使わないのに、買うってのはもったいない気がします。使い終わったあとに、何かいい使い道があれば買ってもいいと思います。あるかなぁ^^;後、子沢山予定の方は買った方がいいですね^^

洗面器

洗顔や、かけ湯に使用します。赤ちゃんが新生児の内は、つかるお湯と顔を洗うお湯は別々にした方が清潔です。


とってのついた洗面器が便利です。絶対。夫は西松屋に行くたびに、とってのついた洗面器を欲しがっています。おばあちゃんが買ってくれた洗面器(取っ手なし)があるから、買わないんですけどね。

湯温計

赤ちゃんは身体が小さいので、大人と違ってすぐにのぼせてしまいます。お湯の温度は、ちょっとぬるめの38~40℃が適温とされています。


赤ちゃんの肌は敏感なので、慣れないうちは湯温計を使う方が安心です。慣れてくると、腕の内側をお湯につけて判断できるようになります。


といっても、買うか買わないかさんざん迷って、クロは購入にいたりませんでした。だって以外に高い^^;お湯が適温よりちょっと位高かろうが低かろうが、持ち前の適当っぷり発揮で適当に判断しよっと。(笑)

ガーゼ2、3枚

赤ちゃんは、裸になると、不安になって泣いてしまいます。ガーゼを体にかけてあげると安心します。顔を洗うガーゼは、体を洗うガーゼと別にした方が清潔です。

ベビー石けん

大人も赤ちゃんも肌の構造はおなじですが、皮膚の厚みが、大人の1/2から1/3くらいしかないんです。そのため、赤ちゃんの肌はとっても傷つきやすく、トラブルを起こしやすい肌なんです。


ですから、赤ちゃんの肌を考えて作られた、低刺激性のベビー石けんを使用しましょう。クロはずっと○ュ○ピ○の石けんを使ってました。赤ちゃんの石けんといえば、コレ♪みたいなのりで(笑)


後から見てみると、ガーン・・・。
香料は入っているし、無着色でもないじゃないですか!

本当は、低刺激、無香料、無着色の3点をバッチリおさえているベビー石けんの方が、赤ちゃんには優しいですよね。といっても何のトラブルもなければ、ベビー石けんとうたわれているものであれば大丈夫なんじゃないでしょうか。

バスタオル

バスタオルは吸収性の高いものを選びましょう。パイル地なんかは、ボリュームがあっていいですね。でも、バスタオルって最初はふわふわでも、使っている内にガシガシになってしまいます。


ガシガシになってしまったバスタオルは、できるだけ大人用にまわすようにしましましょう。傷つきやすい赤ちゃんのお肌を傷つけてしまうかもしれません。ずっとふわふわなバスタオルってないんでしょうか^^;


バスタオルの形ですが、正方形が使いやすいですよ。赤ちゃんが小さい内は、長方形のバスタオルでもOKですけど、すぐに体が大きくなって、長方形のバスタオルではくるめなくなってしまいます。(←1人であげるとき)

ベビー綿棒

お風呂からあがると、綿棒をしてあげましょう。耳や、鼻の中の汚れは、お風呂あがりが1番取れやすい状態になっています。奥まで入れすぎないように注意しましょう。


まだクロの娘が生まれたての頃、あわよくば、と大人の綿棒を試してみたのですが・・・
やっぱりダメでした^^;クスン。入りません。


1歳になった今でもベビー綿棒を使用していますが、今のがなくなったらそろそろ大人用かなぁ。
ハイ。大人用の綿棒に切り替わっています。200本100円の安い綿棒^^


ベビー綿棒は色々試したのですが、粘着綿棒 の取れやすいことっ!面白い程よく取れます!癖になります!あっ!と気になったらすかさず取るようになってしまいました。値段はカウンターパンチばりに痛いですが、一度お試しあれ!

着替え

赤ちゃんは、すぐに湯冷めしてしまいます。体をふいてあげたら、すぐに着替えさせれるように袖を通して用意しときましょう。


節約系子育てミッションHOME