節約系子育てミッション赤ちゃんの夜泣き夜泣き万歳!

夜泣き万歳!

夜泣き万歳!

夜泣き万歳!って?


夜泣き万歳って何ぬかしとんねんっ、ですよね^^;夜泣きがいいことのように連想させるタイトルですが、夜泣きは夜泣き、嫌なものでしかありません。ハイ。


これは・・・夜泣きをしてもいいよ~という心構えを持つということです。


ママの優しさ、愛情、ぬくもりは赤ちゃんに伝わります。伝わるので赤ちゃんはママが大好きなのです。安心します。


ところが、赤ちゃんに伝わるのは安心感やぬくもりだけではありません(>_<)ママのイライラや不安といったマイナス材料のものも、どんなに小さくても赤ちゃんに伝わります。


今日も夜泣きするんじゃ・・・という不安も赤ちゃんに伝わってしまうのです。


赤ちゃんがママの不安を察知すると、夜に安心して寝られなくなる→夜泣きとなるようです。


ようです?ようです。夜泣きのメカニズムが解明されていないので、ようです、です^^;でも、これはかなりいい線をいっている夜泣き対策だと思います。


いつもいつもそうではありませんが、「どうせ夜泣きするだろう」と超覚悟を決めて、明け方まで起きているとします。あまりに数十分おきに起きるので、いっそ起きていた方が楽だからです。


明け方までパソコンをしていたらぁ!


そんなときに限って結構寝てくれたりすることが多かったです。ほんとに。
マーフィーの法則?


今でも、昼寝をたくさんして欲しいときはすぐに起きるのに、出かけたいから早く昼寝から起きて欲しいと思っているときに限って2時間とかよく寝ます。かなり高確率で。


夜泣きで悩みまくっているとき、多くの人に夜泣きしてもいいと思っていた方がいいとアドバイスをもらいました。なので、この名づけて夜泣き万歳作戦は、結構いけるかも!?


夜泣きしてもいいや~とドーンとかまえて、赤ちゃんを安心させてあげましょう!!これがなんと難しいことか・・・^^;


節約系子育てミッションHOME