節約系子育てミッション赤ちゃんの睡眠赤ちゃんが眠たいとき

赤ちゃんが眠たいとき

赤ちゃんが眠たいとき

赤ちゃんは、眠たくなったらぐずぐずしたりしますが、他にもサインを出します。それは「」と「」です。眠たくなったら手と足があったかくなります。これは昔昔のおばあちゃんの時代から言われていることですが、ちゃんと根拠があるのです。


人間の臓器や血管は、交感神経と副交感神経というものに支配されています。起きているときは交感神経が主に働いており、寝ているときには副交感神経が主に働いています。ちょっと難しいですね。高校の授業で習った記憶がうっすらあります。


副交感神経が主であるということは、リラックスしている状態を指し、血管が拡張して血流量は増えるので、手や足があったかくなります


冬の寒い日の夜に、寝ている人の布団に入ったらとてもあったかい、なんて経験したことありませんか?


クロは、寝るときに足が冷えていたら、寝ている夫のポカポカ足であったまっちゃいます。湯たんぽいらずの究極のあったまり方です^^逆に夫に冷たい足をつけられたら怒りますけどね(^^;)


赤ちゃんも眠たくなってきたら、副交感神経が主になってきて、血の流れが多くなるので手や足があったかくなってくるのです。


と、つらつらと書きましたが、赤ちゃんが眠たいときは自然と分かるようになります。お腹がすいたとか、母親マジックといいますか、大体分かるようになりますよ。すごいですよね~。


節約系子育てミッションHOME