節約系子育てミッション紙おむつの節約紙おむつの年間コスト

紙おむつの年間コスト

紙おむつのコスト計算の設定

使用する紙おむつ
使用するメーカーによって値段は変わってきます。メーカーによって1枚あたりの単価が異なりますからね。そこで、使用する紙おむつを設定します。(実際に1メーカーオンリーの人はいないと思いますが、ここでは1年間同じメーカーの紙おむつを使用するものとします)


gooランキング「使っている紙おむつランキング
1位 メリーズ
2位 ムーニー
3位 パンパース


おむつと肌の研究所「先輩ママの紙おむつ選び
1位 パンパース
2位 ムーニー
3位 メリーズ


「ひよこクラブ」2007年5月号
1位 パンパース
2位 メリーズ
3位 ムーニー


以上のデータより、使用する紙おむつはパンパースとします。


紙おむつのサイズと枚数
月齢ごとにサイズと使用枚数を設定します。これは、クロの経験に基づくものとします。
また、紙おむつにはテープ型とパンツ型がありますが、全てテープ型を使用するものとします。


紙おむつの値段
紙おむつの単価を設定します。
パンパースの場合、底値で入手できることはそうそうないので、新聞広告に掲載される特価の価格とします。販売店としては、ドラッグストアやマイカル、アルプラザ、イオンなど。

紙おむつの年間コスト(パンパース)

月齢 サイズ 枚数 単価 1日 1ヶ月
0 新生児 15 15円 225円 6750円
1 新生児 15 15円 225円 6750円
2 S 15 17円 255円 7650円
3 S 10 17円 170円 5100円
4 S 10 17円 170円 5100円
5 S 10 17円 170円 5100円
6 M 10 19円 190円 5700円
7 M 10 19円 190円 5700円
8 M 8 19円 152円 4560円
9 M 8 19円 152円 4560円
10 M 8 19円 152円 4560円
11 M 8 19円 152円 4560円
12 M 8 19円 152円 4560円
合計 70650円

紙おむつのコストのまとめ

パンパースが高いのは知っていましたが、1年間全てパンパースを使用すると恐ろしい出費になるんですね。なのに人気が高いのは、やはり高品質だからなのでしょう。


ちなみに、おむつがはずれるのは平均2歳半らしく、仮にパンパーステープ型紙おむつを2年半使用で186900円もかかってしまうことになります。単純に倍にはできませんが、パンツ型の紙おむつの使用も考慮すると、これに近いコストがかかるかもしれません。


計算をしてみて、やっぱりとりあえずかぶれなければ安い紙おむつを使用する、という考えを更に固めたクロでした。


楽天市場で紙おむつが2000円引き♪楽天カード
▲このページのTOPへ
節約系子育てミッションHOME