節約系子育てミッション離乳食の進め方離乳食の進め方

離乳食の進め方

離乳食の進め方の目安



区分 離乳初期
(ゴックン期)
離乳中期
(モグモグ期)
離乳後期
(カミカミ期)
離乳完了期
(パクパク期)
月齢(ヶ月) 5~6 7~8 9~11 12~15

離乳食(回) 1→2 2 3 3
母乳・ミルク(回) 4→3 3 2
調理形態 ドロドロ状 舌でつぶせる固さ 歯茎でつぶせる固さ 歯茎でかめる固さ






穀類(g) つぶしがゆ
30→40
全がゆ
50→80
全がゆ(90→100)→軟飯80 軟飯90→ご飯80
卵(個) 卵黄
2/3以下
卵黄→全卵
1→1/2
全卵
1/2
全卵
1/2→2/3
又は豆腐(g) 25 40→50 50 50→55
又は乳製品(g) 55 85→100 100 100→120
又は魚(g) 5→10 13→15 15 15→18
又は肉(g) 10→15 18 18→20
野菜 15→20 25 30→40 40→50
調味料 各01 各2→2.5 各3 各4

ゆっくりあせらず

離乳食は、飲むことから食べられるようになるための練習期間です。必ず食べられるようになるので難しく考えないようにしましょう。

食べ方に合わせた硬さや形に

かんで食べれるようになるためには、段階をふんでいく必要があります。唇を閉じて飲み込む→舌と上あごを使ってつぶす→歯ぐきでつぶす→歯ぐきや歯でかみつぶす。


大切なのは赤ちゃんのかむ力に合った硬さや形にすることです。そうじゃないと離乳はスムーズに進みません。赤ちゃんの口の動きや様子をしっかり観察しながら進めていきましょう。

ベビーフードも臨機応変に

ベビーフードは、外出時や時間のないときにとても役に立ちます。また、離乳食の形態や味付けのよいお手本でもあります。


臨機応変にベビーフードを活用しましょう。他の料理と混ぜたりソースにしたり工夫をすると、離乳食のバリエーションも増えます。ただし、ベビーフードに頼りすぎてはダメですよ。

無理強いはNG

大人と同じように、赤ちゃんもたくさん食べる子もいれば小食の子もいます。また、日によっては食べる量にバラつきがあったりもします。


用意した離乳食を食べないと、無理に全部を食べさせてしまおうとしてしまいがちですが、赤ちゃんにとっては負担となってしまい、逆に食べなくなったりします。


赤ちゃんにまかせて大丈夫なので、無理強いは禁止です。

離乳食の味付け

濃い味付けは赤ちゃんの腎臓に負担をかけてしまいます。薄味にしましょう。また、濃い味付けは将来の健康にもよくありません。


離乳初期なら味付けをしなくても、素材の味で十分味わうことができます。離乳中期からも、味がついているかわからないくらいの薄味にしましょう。

楽しく食べられる環境

楽しく食べることができることが、離乳食の成功の1番大事なポイントです。「おいしいね」と優しく笑顔で声をかけたり、音楽を流したり工夫をしましょう。


節約系子育てミッションHOME