7〜8ヶ月の赤ちゃんの成長の様子


7〜8ヶ月

おすわりが上手にできるようになります


ほとんどの赤ちゃんがおすわりをマスター。ママの支えなしでも背筋を伸ばして座っていられるようになります。座ることで視界が広がり、おもちゃなどでの一人遊びの時間も増えてきます。


足にも腕にも力がついてきて、うつぶせやおすわりから、腹ばいで動くずりばいを始める赤ちゃんもいます。


手や指先もますます器用になります


目で見て興味を引かれた物には、何でも手を伸ばします。手や指先もますます器用になり、親指とほかの4本の指でものがつかめるようになります。


ティッシュを1枚1枚取り出したり、オモチャを上手につかんで、テーブルをガンガンたたいたります。ほとんどの赤ちゃんがティッシュを1枚1枚引っ張るのは、よっぽど楽しいからなのかしら?


人見知りが始まります


いつもそばにいるママやパパと、他の人との違いがわかってきます。見慣れない人が来るとじっと見つめたり、何となく表情が固くなったり、泣いたりします。


でも、このようにママへの強い愛着を示すのは、赤ちゃんの心に情緒が発達してきた証拠でもあるのです。また一所懸命子育てをがんばると人見知りが強くなるようです。


だから赤ちゃんの人見知りは、ママが子育てにがんばった証拠で、大変良いことであり、ママは誉められるべきだと思います。


逆に全く人見知りをしない赤ちゃんは・・・社交性があるんでしょうね(笑)


離乳食


離乳食は中期に移行し、1日2回になります。離乳食中期の進め方とポイントは離乳中期(7〜8ヶ月)の目安を参考にしてください。