4〜5ヶ月の赤ちゃんの成長の様子


4〜5ヶ月

寝返りをしようとします


自力で動こうとする意欲があるので、寝返りをしようと手足をうごかしているうちに体をよじったりします。寝返りの瞬間は見逃さないようにしたほうがいいですよ。


なぜかっていうと、とってもおもしろいからです(笑)一生懸命になっている姿を笑ったりしてはいけないかもしれませんが、とにかくがんばれ、がんばれってお尻に力が入ってしまいました。


娘は3ヶ月を過ぎて少ししたら、もう寝返りができるようになっていました。右方向にだけですが・・・。運動神経がいいのかも〜!と夫と二人で親ばかしていました(笑)


大人用の布団に寝かしていても、端から端までごろんごろん大移動。むしろ布団から転がり落ちるちることの方が多かったです。ベビー布団を買わなくて良かったと心底感じました。というかケチって買わなかっただけだけど・・・。


首は、ほとんどの赤ちゃんがしっかりすわります。うつぶせにすると手でしっかり体を支え、頭を起こし、胸や肩まであげられるようになります。赤ちゃんと同じ体勢になって、向き合って相手をしてあげるとよいですよ。


首がすわるようになれば大人気のバンボベビーソファ 。今なら7140円が税込み4900円!!軽量・コンパクトで揺らしても倒れない不思議なベビーチェアです。
興味のある物に手をのばします


好奇心が旺盛になってき、手を動かす範囲も広がるので、興味のあるものを自分でつかもうとします。つかんだものをじっと眺めたりなめたりして確かめます。


とにかく手にしたものは何でも、全て!口に持っていってベロベロなめます。周りに口に入れると危険なものは置かないようにしましょう。
お散歩に行きましょう


体がしっかりしてくるので散歩が楽になります。天気のいい日は積極的に散歩するようにしましょう。散歩やお風呂の時間を決めて生活のリズムを整えるようにしましょう。


そうすることで、赤ちゃんも夜と昼の区別がつきやすくなります。また散歩は赤ちゃんにいい刺激を与えます。見るもの、聞こえるもの、ふれるもの全てが赤ちゃんの五感に働きかけます。


買い物などに行くと「おばちゃん軍団」に話しかけられるかもしれません。いや、確実に話しかけられます。赤ちゃんは全ての人をやさしく、あったかくしてくれる存在ですから。


お出かけグッズ売れ筋ランキング を見てみる。
よだれダラダラ〜


唾液腺が発達し、よだれが出るようになります。赤ちゃんは唾液を飲み込むことができないので、ダラダラとたらしてしまうのです。ママやパパがご飯を食べているときにダラ〜っとすることも。


赤ちゃんも食べたそうにしていたら、離乳食の準備をしましょう。詳しくはこちらです。