10〜11ヶ月の赤ちゃんの成長の様子


10〜11ヶ月

つかまり立ちが上手にできるようになります


運動能力がいちだんと進みます。始めたばかりの頃は足元が不安定ですが、除々に安定した姿勢で立てるようになります。


最初の頃はかかとやつま先で立つ姿勢もありますが、よくあることなので心配はいりません。


つかまり立ちがしっかりできるようになると、片手で家具などにつかまっただけで体のバランスをとったり、つかまり立ちの姿勢から手と足を横に移動させて、伝い歩きを始める赤ちゃんも出てきます。


時にはしりもちをついて泣き出すこともありますが、危なくないようなら見守って赤ちゃんの自立心を育てましょう。そのうち、手を離しても2〜3秒ならひとりで立っていられるようになります。
イタズラが盛んになります


目に入るものすべてが珍しく、手あたりしだいにさわったり、なめたり、放りなげたり、好奇心が満足するまでひっきりなしです。ちょっと目を離したすきにどこにでも行ってしまうので、目が離せなくなります。


大切なものをこわしたり、引き出しの中のものを取り出したり、リモコンを放り投げたり・・・。おもしろそうなものを見つけると、すぐにイタズラします。


大人の目から見ればイタズラにみえることも、実は赤ちゃんにとっては探検、知性の発達を促すものでもあるのです。


「ダメダメ」と何もかもストップしてしまうと、赤ちゃんの冒険心や好奇心の芽を摘みとってしまいかねません。おおらかな気持ちで見守ることも大切です。でもこれって以外と難しいんです。ついつい「ダメッ!」って言ってしまいます。


もっとおおらかな心を持たねば・・・(汗、汗)
記憶力もますます発達してきます


記憶力もぐんぐん発達し、予測する能力も発達してきます。月に何回も会う人の顔はちゃんと覚えています。おもちゃを隠すと探したりするようになります。